インプラントと矯正歯科

  • HOME
  • インプラントと矯正歯科

インプラント ~失った歯を取り戻す~

インプラント

インプラントとは失った歯の基礎となる顎の骨に人工歯根を埋め込む方法です。
簡単にいえば歯が抜けてしまった部分に手術をすることで再び歯を作り出す方法です。 歯を失う原因は色々ですが、進行した虫歯、歯周病、さらには事故や顎の腫瘍などによって歯を 失った方のための治療です。
利点として、


・入れ歯のように取り外しが必要ない
・自分の歯で咬むような感覚を取り戻せる
・ブリッジのように隣接する健全な歯を削る必要がない等

もちろんリスクもありますが、何より入れ歯と比べてよく咬めて、審美的にも天然歯と比べも遜色ない程の 仕上がりも可能です。
当院は京セラのシステムを採用しています。国産ですので安全性は高いといわれてます。

お気軽に御相談ください。

矯正歯科

矯正治療は歯並びを良くして噛み合わせを良くする歯科治療

歯並びをキレイにする方法はいくつかありますが、その一つの方法として一般的に矯正治療が行われます。
矯正治療は歯並びを良くして噛み合わせを良くする歯科治療です。 見た目はもちろん良くなりますが、見た目を美しく以外の効果が沢山あります。

その利点として
・見た目が美しくなる
・口元を美しく改善できる
・口呼吸の改善 ・しっかり咬める
・発音がはっきりする
・歯が磨きやすい
・歯周病を予防できる
・歯を削らなくてよい
・自信がもてる 等皆さんが良いと思っている以上にもっと利点があります。

欠点はなんでしょう。
・治療に時間がかかる
・矯正中の見た目が悪い
・歯磨きが面倒である
・治療中歯が痛い
・歯を抜くことがある   等
これもあげればキリがありません。。。

矯正治療の二次的効果

二次的効果で最も意外なものとしてよく言われるには、顔が小さくなるということです。 骨の大きさも歯の大きも変化しないのに顔が小さくなるには原因があります。 矯正治療をおこなう前は歯並びが悪いながらもしっかりと噛み合っています。 しかし歯や顎にとって無理に噛んでいるということになります。 咬む筋肉にとっても無理な力がかかっていることが多いので咬む筋肉に過剰に力がかかって いることが多く為咬む筋肉が過剰に大きくなってしまい顔が大きくなってしまっているのです。