歯周病(歯槽膿漏)

  • HOME
  • 歯周病(歯槽膿漏)

歯周病(歯槽膿漏)

0367001001_s[1] 0367001002_s[1] 0367001003_s[1]0367001004_s[1]0367001005rrrrrrrrr
歯は歯茎の奥にある骨(上顎、下顎)によって支えられています。
歯周病とはこの支えている骨が何かしらの原因で少なくなり歯茎の出血、膿、口臭、歯の動揺、
咬んだ時の痛みなどの症状がでてくる歯茎の病気です。
歯周病(歯槽膿漏)は世界でも一番万延しており、世界の人口の70%の人達が悩まされている病気です。
日本も30歳を過ぎると少しずつ歯周病(歯槽膿漏)が進むと言われ、ほっていくと歯を抜いたり、歯茎を切るなどの治療が必要になってくることがあります。そうならないためにも早期に治療が必要です。
また,歯周病(歯槽膿漏)の原因として、不適合な被せ物、詰め物、糖尿病、遺伝(体質)などもあります。
現在はインプラント(人工の歯根)をいれて回復させる治療もありますが、歯周病で弱った歯茎にインプラントは対応できないのです。
皆さんの歯茎はどうでしょうか?歯周病(歯槽膿漏)は歯を失う大きな原因の一つです。
いつまでも美味しく食事をし健康な生活を過ごすためにも一度歯周病の検査を受けてみてください。
当院では歯周病の専門医が治療にあたってます。お気軽にご相談下さい。